設計
ARCHITECTURE

エントリー
ENTRY

設計

川崎 由起子

未経験でも夢の仕事に就ける可能性に魅力を感じました。今は立派なインテリアコーディネーターになるため、日々勉強中です。

1.どういうきっかけで入社されましたか?

大学からアルバイトをしていたアパレルの会社にて、大学卒業後10年間勤めました。全国転勤のある会社でしたので、様々な地域の店舗を経験したのですが、これがなかなかきつくて、今後年齢を重ねたときも同じような環境で働けるかと考え、転職を考えるようになりました。アパレルの会社を退社した後は、ハローワークによる木材加工の職業訓練を1年間受講しました。このときに、CAD3級を取得し、住宅に興味を抱くようになりました。また、独学にてIC(インテリアコーディネーター)の勉強を行い、構造や材料の知識を習得しました。その後、住宅メーカーにて営業サポートの仕事を経験した後、「空間をつくりたい」という思いを胸に当社に入社しました。当時面接をして下さった、設計士の朴さんと佐々木さんの人柄の良さと、未経験の私でも将来設計の仕事ができるという可能性に魅力を感じたこと、これが入社の決め手です。

2.現在の業務で挑戦している事、またこれから挑戦したいことはありますか?

入社をしてから設計事務の仕事に携わってきましたが、最近ようやくIC(インテリアコーディネーター)としてデビューし、現在はお客様にインテリアの提案をしています。IC(インテリアコーディネーター)には提案する方法とお客様の意見に寄り添う方法があり、お客様の特性を見ながらどちらにするのか考え、お打合せを進めていくのですが、ようやくその感覚がわかり、お客様とのお打合せの時間を楽しめるになりました。今後はもっと知識を増やし、お客様の希望に叶う提案ができるようになりたいです。

3.あなたにとって理想のチームとはどのようなチームですか?

お互いにレベルを上げていける関係が理想です。現在同じ部署には、設計士2名、事務のパートさんが1名いらっしゃいます。カタチのないものを生みだすというクリエイティブな仕事をしている設計士の方は、普段は各々の仕事に没頭されていますが、見えないところでいつもまわりを見ていて、困ったときにはいつもフォローしてくれます。とても心強い存在です。現在の設計部はとても良いチームワークができていると思います。

4.福岡工務店で活躍する人はどんな人だと思いますか?

まだ社歴が浅く、決まっていないことが多いので、「自分はこう思う」ときちんと声をあげることができる人だと思います。発する声が根拠のあるものならば、聞いてくださる環境があり、自身の思い描くキャリアプランを叶えやすい環境が整っていると思います。私自身も、理想のキャリアプランを創造しながら、それに向かって邁進していきたいと思います。

メンバー

仕事・人を知る

イレブンバリュー