工事
CONSTRUCTION

エントリー
ENTRY

工事

古藤 芳久

プロ意識の高い集団で仕事ができる。だから、「期待を超える仕事」を目指すことができます。

1.福岡工務店にはどのようなきっかけでご入社されましたか?

前職でのご縁がきっかけで入社しました。同業他社で働いている時、福岡工務店とお仕事をされている大工さんと出会いました。雑談で転職を考えていると話していたところ、その大工さんが田之上専務に私の転職願望の話をしたようで。大工さんを通して専務からオファーの連絡がきました。第一声が、「うちに来るっちゃろ?」 だった事が印象に残っています。笑
専務と面接をした時、人間性に筋が通っていて、信頼できると思いました。まだ前職を退職していなかったのですが、「もしも、気持ちがあったら、職場にきちんと話し、理解を得られた上で、迷惑にならないように整えてから来て下さい」という言葉にもまじめさを感じました。他リーダーとも話す機会も用意してくれ、親しみやすい印象や、仕事に対するプロ意識や熱意・誠意を感じ魅力に感じました。

2.建築関連のお仕事を選ばれたきっかけを教えて下さい。

親戚に建築関係の仕事をしている方が多かったので、自分も将来は建築関係の仕事をするんだろうな、と小さい頃から思っておりました。工業高校の建築科にも通っていました。社会人になってからは自衛隊に勤めたり、一時期建築関係の仕事から離れた時期もありましたが、やはり建物などの「形に残る仕事」や「職人の世界への憧れ」が捨てられず、現在に至りました。

3.福岡工務店の技術部での現場監督のお仕事はいかがですか?

皆さん仕事好きな人が多く、自分たちの仕事に誇りをもって臨んでいると思います。現場監督は、建築進行中の物件を数件一人で受け持っていて、日々進行する工事の工程、品質、原価、安全管理など様々な業務があります。それぞれ臨機応変さが求められ忙しいです。ただ、それを「楽しい」と感じることができる大きな充実感や達成感があります。福岡工務店は特に現場監督の「現場密着度が高い」と感じています。色々な現場を知っている業者さんからも、よく言われます。弊社の現場監督は床下まで潜ったり、週に少なくとも2回は各現場をそれぞれチェックします。品質管理にも重きを置き、「良い家をご提供したい」という思いが、組織ぐるみで本当に強いと思います。

4.仕事上、これができると上手くいく!っというアドバイスはありますか?

福岡工務店と一緒に家を建ててくれる大工職人さんや業者さんとの仕事を円滑にするために、日頃のコミュニケーションを心掛け、上手く関係を築くことも大切な仕事一つです。物に対してだけでなく、人に対しても日頃から意識する事が、お客様の要望に円滑に応えることに繋がると思っています。そういった事を一人一人が考えて動いている、プロ意識の高い集団だと思います。なので、「仲間の仕事も大事に思って行動できる」と、より仕事が上手く運ぶと思います。

5.現在の業務で挑戦している事はありますか?

多忙な業務の中でも「お客様対応は最優先事項」という決まりを工事部でつくっています。実際に弊社で注文住宅を建てるという人生で大きな決断をして頂いたお客様のご要望を満たす、また「期待以上の仕事」を日々心掛けています。営業、設計、コーディネーターがお客様ために作ったプランが形になる最後の工程で「お客様の思い描いている通りに調整できているか」が、自分たちの大切な役目です。その期待を超える仕事ができるよう日々挑戦しています。

6.どんなところにやりがいを感じますか?

やはりお客様から「ありがとう」と言われる時です。 以前担当したお客様から、家が完成お礼に <ありがと「おっ!」> とデザインされたオリジナルタオルをプレゼントされたり、他のお客様からは、私の子供が生まれる時にお祝いをして頂いた事もあります。感謝をされたくて仕事をしているわけではありませんが、自分がお客様の事を思って仕事をしているように、お客様も自分を思ってくれている、と「絆」を感じる事が多々あります。お客様が家の建築を任せて下さる事で、自分も仕事ができる事への感謝はもちろんですが、逆に感謝をされることで「期待通り、若しくはそれ以上の家をつくらなければ」という思いが強くなりますね。体力を使う時もあるので、きつくないと言ったら嘘になります。しかし、現場が好き、職場の人間関係を大事にできる、なにより「お客様のことを思って」仕事ができる人であれば、たくさんのやりがいを見出せると思います。

7.これから挑戦したい事はありますか?

日本一の施工技術と評価された福岡工務店で、仕事に誠実に向き合い、自分の能力を最大限に伸ばしたいです。将来的にはリーダーになれたらいいなと思っています。田之上専務のような人を目指したいです、と言いたいところですが完璧超人すぎて難しそうです。(笑)

8.「おっ!」を生み出すために心掛けている事はありますか?

お客様の夢が形になった時、期待を超えているような仕事をしたいと常に思っています。その為に二つ意識しています。一つ目は、イレブンバリューの「いつも注目されている意識で心を正す」を意識しています。
お客様は毎日現場で、自分の家が建つ工程をずっと観察できるわけではないので、「お客様に代わって、人生に関わる大事なものを、大切につくっていきたい」という気持ちです。二つ目は、「ゴールを想像し体験を創造する」です。各工程が段取り良く進むように準備する事を意識し、日々の仕事に取り組んでいます。

メンバー

仕事・人を知る

イレブンバリュー