工事
CONSTRUCTION

エントリー
ENTRY

工事

田之上 健太(専務)

ONE FOR ALL, ALL FOR ONE 家づくりを愛する最高の集団をつくりたい

1.家づくりに興味をもったきっかけはありましたか?

小学4年生の頃、実家の建て替えをしたのがきっかけで建築に興味を抱くようになりました。また、叔父が大工をしていましたので、その影響もあり、建築=大工の発想となり、その頃から大工を目指していました。中学生になると、建築に関する職業は大工だけではないとわかり、設計士になりたいという明確な目標に変わりました。その後、工業高校にて建築を学び、晴れて設計職に就職しました。まずは現場を経験した後、設計の研修に入ったのですが、そのときに現場の面白みを感じ、以来、現場監督の仕事に魅了されています。

2.社長との出会い、会社をはじめたきっかけを教えてください。

春日市のゼネコン会社に勤めていたとき、お取引先様への新年のご挨拶をしていたのですが、その取引先様のひとりとして社長にはじめてお会いしました。そのときは不動産福岡の前会社であるメガジャパンとして存在していました。その後勤めていた会社が倒産し、それでもお客様からの「田之上さんに家を建ててほしい」とのお声を頂き、会社の名前を借りるカタチで会社の一員として加わりました。その約1年後、福岡工務店として注文住宅部門を設立しました。当時は、某住宅メーカーの下請けをしていましたが、家づくりへの姿勢や情熱は今も昔もまったく変わっていません。

3.これからどのような未来を描いていますか?

会社にとって、まずは継続(存続)することが大事だと考えています。それはお客様に迷惑をかけないという思いがあるからです。会社が存続していれば、お引渡しをした後もアフターフォローなどでお客様とつながることができ、その結果信頼関係を生み、長く愛される会社になっていけると思います。そのためには、おっ!を創り出すという理念に共感し、かつ共に手を取り合って成長していく仲間が必要です。何事も強い思いをもって本気でやるかどうか、これで結果は変わってくると思います。座右の銘である『継続は力なり』の言葉どおり、ひとつひとつ積み上げた先に見えるものがあると信じています。その景色をチームのみんなで見てみたい!これからもチームみんなで手を取り合って、家づくりを愛する集団をつくっていきたいです。

4.理想のチーム像を教えてください。

『ONE FOR ALL, ALL FOR ONE』の精神の元、チーム全体がお互いのために力を尽くし、助け合えるチームが理想です。各セクション内だけではなく、ちがうセクション同士が垣根を越えて、手を取り合えるかどうかでそのチームの強さが変わってくると思います。『お客様のために良い家をつくりたい』という信念の元、チーム全体がタッグを組み、お客様に愛されるチームをつくっていきたいと思っています。当社では、どんな方でも活躍の場があると思っています。個性を認め、その個性を生かせる場所の中で、それぞれが自身の仕事に邁進することで、個性豊かな最強の集団になっていけると信じています。ぜひ、チームの一員となり、あなたの活躍できるフィールドを探してみてください。

メンバー

仕事・人を知る

イレブンバリュー