品質管理
QUALITY CONTROL

エントリー
ENTRY

品質管理

有村 涼

純粋に「仕事のやりがい」を感じています。お客様の「笑顔の瞬間」に立ち会える尊さも実感できる仕事です。

1.どういうきっかけでカメラマンの道に進んだのですか?

学生の頃は音楽の道を目指していましたが、大学生になり進路を決める際に、悩んだ挙句音楽の道を断念しました。同じくなにか作品をつくる仕事をしたいと思い、カメラをはじめました。卒業後は、広告代理店や結婚式場にてカメラマンの経験を積み、2019年、求人サイトにて当社のカメラマンの求人を見たのがきっかけで、当社に入社しました。現在は品質管理課に所属し、ブログ用に施工している現場の写真を撮ったり、地鎮祭・上棟・お引渡しの瞬間に立ち会い、お引渡し時にお客様へ贈るフォトブックのための写真を撮っています。

2.現在の業務で挑戦していること、これから挑戦したいことはありますか?

現在は、建設中や完成時など様々な場面での現場の写真を撮ることが多く、お客様が喜んでいる瞬間に立ち会い、その姿を真近で見れるところにやりがいを感じています。また、職人さんとも近い距離で仕事をしているので、いろいろなお話を伺うことができ、家づくりについての生の声を聞きながら勉強させて頂いています。今後は写真だけではなく、動画も取り入れていきたいと考えています。住宅に関する知識を増やし、さらに効率化によって作業にも余裕がでてきたら、お客様に興味を持ってもらえるようなコンテンツ作りにも力を入れていきたいです。

3.「おっ!」を生み出す為に気にかけている事はありますか?

私自身、大それたことではなく、細やかな気遣いにおっ!を感じます。ですので、なにか大きなことを創り出そうとするのではなく、常にまわりに気を配ることを心がけています。また、業務を行う上ではいつも『効率の良さ』を意識しながら取り組んでいます。素早い対応でまわりの期待を超えることにより、小さなおっ!を生み出せるのかなと考えています。

4.福岡工務店で活躍する人はどんな人だと思いますか?

オンオフをしっかり区別できて、仕事のときは全力投球できる人だと思います。現場は朝も早く、夏場や冬場は気温の差もあり体力勝負です。体調管理がしっかりできて、いつも元気な人が活躍できると思います。

5.あなたにとってチームとは?

工事部のみなさんはとてもやさしく、思いやりをもってお互いにフォローし合える、とても良い関係が築かれています。特に、一番身近な先輩である木村さんはとても情熱的で、真っ直ぐな方で、自身にはない部分をたくさん持たれているので、一緒に仕事をしていてとても勉強になります。業務の内容はまったく異なり、いつもひとりでとても忙しくされているので、品質管理課にもっと人が増えて、木村さんをフォローできる存在ができればと思っています。自分のできることできちんとチームに貢献して、チームの一員としてみなさんをサポートしていけたらと考えています。

メンバー

仕事・人を知る

イレブンバリュー