不動産営業
SALES FUDOUSAN

エントリー
ENTRY

不動産営業

平川 裕子

失敗しても「成功の糧」にできる、良き仲間が支えてくれる環境だからこそ、安心して成長できています。

1.不動産福岡にご入社されるまでは、どういったお仕事をされてきましたか?

他業種で営業職をしておりました。システム導入や、法人向けの携帯電話の販売など、どれも新規営業です。
営業職に興味を持ったきっかけは、「一歩踏み込んだ接客の魅力」に惹かれたことです。もともと、旅館のフロントで接客業をしていました。フロント業は、お客様に快適にお過ごしいただくためのホスピタリティーも必要ですし、やりがいはありました。ですが、一人のお客様を接客できる時間は限られていますし、もっと仕事に関して、「じっくりお客様とお話ができる仕事がしたい」という気持ちが強くなっていき、それがフラストレーションに感じてしまうようになりました。
実際に営業をしてみて、大変な事はありますが、先ほど述べたフラストレーションも解消され、より仕事にやりがいを感じるようになりました。

2.業界を変えるきっかけは何かありましたか?

前職で、宅地建物取引士の資格をとると資格手当がつく事制度があったことがきっかけです。取得したものの、活かせない業界の営業だったので、せっかくとった資格を活かそうと思ったのがきっかけです。 資格をとるきっかけはあっても、実際に活かせない環境での「自分の成長」は無いな、と思って決心を致しました。

3.ふくおかホールディングスの印象はいかがでしたか?

HPなどを見ていて、「アットホームそうだなぁ」と感じていました。実際に選考を受けて、高橋マネージャーと話していた時に、「自分が働いているイメージ」が沸きました。なので、働いてみたいなと純粋に思いました。社長は面白い事を話されていた事が印象に残っていて、ホールディングス全体の発展がどんな方向にいくか、ワクワク感がありました。

4.ご入社後はいかがでしたか?

入社後は研修を経て、不動産営業の基礎的な事を勉強し、ファーミングから始めて一つ一つできる事を増やしていきました。いい意味であまり「ギャップ」は感じませんでした。仕事に関しては分からない事があると相談しやすいですし、働く場所の雰囲気や人の感じも想像通りで良いなと思いました。
仕事の合間に雑談をしたりしても、楽しいですし「居心地」が良いと感じています。不動産営業は知識や事案に対する対応力が問われることも多く、日々勉強をしています。
一人立ちしても、わからない事も多くあったり、一人では対応に迷う場面もあったりするので、迷った時に親身に相談に乗ってくれる環境であることはとても心強い事だと思っています。私の時は同期もいたので、一緒に頑張っていきたいと思えましたし、切磋琢磨して仕事に向き合ってこれたと思います。

5.現在、挑戦している事などはありますか?

今はいかに知識を増やしていくかを考えて日々仕事をしています。ローンの知識や不動産を取り巻く金融知識を多く知っておくことで、よりお客様にとって有意義な接客、ご案内ができると痛感し、勉強しています。もちろん知識だけではなく、実際に応用していく力も必要になってくるので、自分ができることはここまで、と決めつけず、「自分にもお客様にも挑戦していく気持ち」を忘れないようにしたいと思っています。お客様とお話しできる時間は限られているので、振り返った時にこう言っとけば良かったなとか、ああいっていたら違った反応になっていたのではないか、とかいう「後悔」をしないように心掛けています。まだ内緒ですが、仕事の目標も胸に秘めていることがあるので、勉強しながら挑戦する気持ちを大事にしたいですね。

6.「おっ!」を生み出す為に気にかけている事はありますか?

弊社では、「おっ!」カードというものがあり、お客様から頂いたり、お手紙を差し上げる機会があります。特にご契約頂くお客様とは長い期間仕事を通してお話をするので、その分お客様に対する「気づき」の場面が多くあります。「おっ!」を生み出すことはアンテナを張る事が重要だと思うので、お客様のお話で自分が気づいた事や、おっ!と思った事をカードにしてお渡ししています。一方、自身が営業をしたお客様との面談が終わったら、手書きのお手紙をお渡しするようにしています。お客様に気持ちを伝える手法として、会話のなかで伝える事も大事ですが、「紙に残っている事」も大事だと感じていて、感じ方も違ってくると思って習慣にしています。
不動産売買をされるお客様を取り巻く環境はスピード感があるので、時にはお客様自身の心情が惑わされ、少し不安になられ、不安気なお顔をされたり、言葉に出されたり、ということがあります。そんな時に、少しでも和らいで頂けるにはどうしたら良いのかという事を常に念頭に置き、日々の業務に取り組んでいます。

7.イレブンバリューの中で特に意識している事はありますか?

「失敗は成長の糧とし戦の証とする」です。失敗してもいいやという気持ちで失敗するのではなく、事には備え、その結果の失敗をしたいと思っています。そして失敗を振り返り、自分の糧にし、いつかお客様に役立つ対応に繋げたいです。日々仕事をこなしていると、甘えてしまったり、妥協してしまったりすることもあるかと思いますが、「環境に甘えないで自分を伸ばす努力の結果の失敗」であれば、どんどん失敗していきたいなと思っています。

8.福岡工務店で活躍する人はどんな人だと思いますか?

「自己成長を第一」とし、「周りに流されない人」だと思います。どこの組織でも、少なからず意見が違ったり好き嫌いがあったりするものだと思います。仲が良いからこそ同調してしまったり、環境に浸ってしまいがちです。そんな時に、自分の「働く意味、やりたい事、将来のイメージ」をしっかりもって、「できる事を探していける人」が活躍できると思います。

メンバー

仕事・人を知る

イレブンバリュー