不動産営業
SALES FUDOUSAN

エントリー
ENTRY

不動産営業

諸藤 弘子

会社と「自分の可能性」にワクワクしています。ジョブローテーション制度を活用して、オールラウンドな人材を目指します。

1.どういうきっかけで入社されましたか?

社会人になってから20年間、同じ会社に勤めていました。システム導入・アフター関連の補助業務、経理業務、コールセンター、監視センター業務等様々な部署を経験しましたが、大変だけどとても楽しくやりがいのある仕事でした。20年目という節目を迎えて、同じ環境で過ごすか、思い切って別の環境に行くか迷った挙句、転職の道を選びました。ちょうどプライベートで家を買ったタイミングと重なり、不動産売買の仕事に興味があったため、不動産福岡に応募しました。面接にて本社を訪れた際、社員の方全員が立って挨拶をして下さったこと、また高橋マネージャーとお話をした際にお人柄に魅力を感じ、この人の元で働いてみたいと思ったことが、入社の決め手となりました。

2.入社後のギャップはありましたか?

営業職の大変さはある程度覚悟していたので、今のところギャップはありません。現在は、知りたかったことを知れる喜び・楽しみの方が大きいです。社内の雰囲気に関しても、自由で個性を尊重しているイメージで、みなさんとても生き生きと仕事をされています。仕事に対する姿勢は営業独特のものがあり、キラキラとした印象を感じています。

3.現在の業務・挑戦していること、これから挑戦したいことはありますか?

現在は、不動産売買の流れを一つ一つ先輩から教えていただいています。ファーミングといって土地を探すという基本的な業務から行っていますが、先輩にくっついて毎日新しいことに触れることがとても楽しいです。毎日が挑戦で、聞きなれない用語がたくさんあるので、覚えることに必死です。緊張感はありますが、とても充実しています。また、先輩の臨機応変な対応力に日々感心しています。現在のチームでは、チーム全員が各々の担当業務を把握していて、フォローできる体制が整っており、とてもチームワークがいいなと感じています。今後はしっかり仕事を覚えて、自身も早くチームに貢献していきたいと思っています。そして、不動産の仕事を極めて実績をつくることができたら、ホールディングス全体の部署をジョブローテーションしてみたいと考えています。本人のやる気次第で、いろんな業務を経験できることもまた、当社の魅力だと感じています。

4.「おっ!」を生み出す為に心がけていることはありますか?

おっ!とは、自分にはないもの・考えに遭遇したときに感じることだと思っています。最近、おっ!を感じたことは、入社してからまわりの方とオープンなコミュニケーションを取れているなと気づいたときに、自分自身におっ!を感じました。前職では、自身のプライベートや趣味の話をみんなでワイワイ話すことがあまりなかったので、とても新鮮です。こうやって、新しい自分を発見できるのも、個性豊かなメンバーの存在と個性を尊重する社風あってのことだと思います。

メンバー

仕事・人を知る

イレブンバリュー