工務店営業
SALES KOUMUTEN

エントリー
ENTRY

工務店営業

村上 裕登

仕事への「向き合い方」「発想」を尊重してくれ、経験を無駄にせずに済みました。お客様の為に更なる挑戦をしていきたいです。

1.村上さんはどんな社会人生活を歩まれてきましたか?

一番初めは美容師になりたかったのですが、若気の至りで遊び過ぎて本業に集中できていませんでした。笑
今まで携わってきた仕事は、建築関連の仕事、硝子建材などを扱う会社、住宅会社などです。将来はどんな仕事をしていきたいか考えた結果、資格を習得していきたいと決意した到着点が住宅関連の仕事でした。 41歳の時に、大きな人生の転機に遭遇し、経営情報について学びたくなり、通信大学に入学し卒業しました。卒業論文は「システムのセキュリティー」で、創立者賞を受賞しました。現在61歳ですが、いままで取得してきた資格は14個(甲種火薬類取扱保安責任者や二級建築士、FP技能士、等々)で、どれも仕事に必要でしたし、自身の能力を高めたいと感じたタイミングで取得しました。振り返ってみると、常に仕事に活かせる学びを続けたいと感じていたと思います。自分の能力を高める事も大事ですが、仕事を発展させていく為には、人とのコネクションも大事ですので、社会人同士の異業種交流会の開催なども積極的に主催しておりました。

2.いままでご経験されたお仕事も多彩ですね。なぜ福岡工務店にご興味をもたれたのですか?

前職が管理職だったため、60歳で定年でした。再雇用制度を利用しようと思ったのですが、正規とはやはり条件が変わるため転職を考えていたところ、福岡工務店の採用情報が目につきました。WEB関連の仕事をしていて、以前からふくおかホールディングスのマーケティング力は業界でも一目置かれておりましたので、よくホームページ等を拝見していました。丁度採用情報も出されていて興味が沸いたため応募しました。実際に採用を担当していた高橋マネージャーと面談した時に相性が良いと感じました。この方の下で働きたいと思えましたので、福岡工務店以外には応募しませんでした。

3.実際に働かれてみてどう感じましたか?良い面と課題点に関して教えて下さい。

営業各人の方法を尊重していただきストレスなく仕事ができています。個々の意見が尊重され、いい意味で縛られていないため、新人の方でものびのび仕事ができる環境であると感じました。自分のやり方を尊重してくれ、経験を無駄にせずに済みました。一方、規模拡大の過渡期にあるため、社内システムの業務の多様化に伴う整備が間に合っていない印象は受けました。今皆さん各部署で作り上げてくれている最中という感じです。必要な部分はマニュアル化を進めているので、そこが今後の会社全体での課題でもあるかもしれません。

4.現在挑戦している事はありますか?

5月に入社し、一週間の研修を経て工務店営業に配属されました。1か月は家作りのための知識や接客の基本を研修し、見極めテスト後、6月から実際に反響営業を開始しました。半年で3件のご契約に至りました。お客様はご家族で揃ってご相談に来られる場合が多いので、どうしても土日祝日にアポイントが重なります。土日祝日の限られた日程の中でのスケジューリングが難しいですね。限られた時間のなかで、お客様に響くご対応をし、ご成約率を高める事を工夫しています。チームは仕事がしやすい環境なので、感謝しています。

5.これから挑戦してみたい事などはありますか?

新人でも、自分の業務ができてくれば、会議などでプロジェクトを提案する機会を頂くことができます。一部でも採用がされれば、その業務をプロジェクト化したいと思っています。自身の仕事をしっかり行いプロジェクトも進行できるよう、イレブンバリューの「速い行動・早い対応で応期待を超える」を意識して日々の業務を行っております。プライベートでは尺八(和楽器)の個人レッスンを受けているので、上達したいですね。

6.「おっ!」を生み出す為に心掛けて入る事はありますか?

お客様に対して、なるべく丁寧なご説明と、予想外なご提案を心がけております。初回接客後のご案内や、お打ち合わせの際に、お客様の予想や期待を上回るような対応を出来るように、発想する事や準備を大事にしております。

7.福岡工務店で活躍する人はどんな人だと思いますか?

良い人たち!です。(笑)具体的には、一緒に働く仲間や社外の人に対して否定的な事を言わない人、ネガティブな雰囲気を出さない人だと思います。

メンバー

仕事・人を知る

イレブンバリュー