工務店営業
SALES KOUMUTEN

エントリー
ENTRY

工務店営業

野坂 梨奈

営業として、本当の意味で「お客様に頼られる」ことを目指しています。ジョブローテーションをすることで、納得がいく接客ができるようになりました。

1.野坂さんは新入社員として弊社に入社されましたが、どういうご縁がありましたか?

先生になりたくて熊本県立大学で教員免許を取得しました。バイトは塾講師やガソリンスタンドなどで働いていました。高校の恩師の「広い世界を見たほうがいい」というアドバイスが心に響き、就職活動をして会社勤めをしてみようと思い至りました。業界は絞っていませんでした。しかし、建築学部の友人の影響もあり家造りの会社にはもともと興味がありました。その中でも、「おっ!」の理念が、自分の今の日常を考えながらこれからどういう仕事をしていきたいか、という働く事に対しての問いかけに凄く馴染んで入社を決めました。選考過程でのユニークな課題も、工夫を凝らしながら楽しんでこなすことができました。

2.入社をしてからどんなお仕事をされてきましたか?

一年間の研修で各部署を回って全体像をつかみました。不動産研修の中のファーミングで、いい土地が見つかり、タイミング良くその土地に家を建てたいというお客様に出会いました。そこで「自分は家づくりを見たこと、携わったことが無いのにお客様の人生に関わる家の相談を受けてしまって大丈夫だろうか?」という疑問が生まれ、工事部で修業したい!と思い至りました。弊社には、「おっ!」を生み出すために社員のチャレンジを尊重してくれる社風があります。そこでジョブローテーションを利用し、コンシェルジュになる前の9か月間、工事部で仕事をすることにしました。会社もそれを快く受け入れてくれました。男性ばかりの職場で、本音は少し不安でしたが・・笑
厳しさもありつつ、可愛がって育てて頂いたと思っています。その時の経験のおかげで、現場の方々が建てている品質が良い家を、より自身を持ってお客様におすすめができていると思っています。また、お客様から頼って頂けているのかな、と実感しています。また、コンシェルジュは他部署との連携が欠かせないこともあり、その時できた現場の方との人間関係で業務がスムーズにいくこともあるので、飛び込んでみて良かったです。

3.良い面でも悪い面でも、入社後のギャップって感じましたか?

良い面では、上棟式などのイベントでの感動が自分の思っていた以上に感じられることです。一つの家を建てるまでに、弊社では何回でもお客様のご要望で打ち合わせができるので、一棟一棟への思い入れが自分の中でも強くなっています。また、家の性能がいいことをお客様の反応を見て改めて感じました。あとは、社員全員が他部署との連携があるので仕事が成り立つという意識を持っているので、問題解決の為にプロ同士意見がぶつかることがあっても、その後のフォローが皆うまいというところは良いなと思いました。悪い面というか、もどかしい事は、家づくりには色んな部署が関わるので問題解決が一人ではできないという部分かなと思います。あとは、女性でお手本にする先輩自体がいなくて、女性ならではの視点に試行錯誤しています。

4.これから挑戦したい事はありますか?

工事部時代に、大工さんに可愛がってもらったので、新規の大工さん8人(エリア)に仕事を依頼することです。工事部エリアごとに大工さんが違うので皆さんと仕事がしたいです。 あとは時間に余裕ができたら現場に顔を出して家づくりの空間に浸りたいです。笑
業務的なところでいうと、営業と設計がもっと長く心地よく働ける職場環境を作りたいと思っています。

5.「おっ!」を生み出す為に気にかけている事。

この仕事をしていて、私は何の為に家づくりに携わるかを考え続けていました。今は、自分が転勤族だった事もあり、家づくりを考えているお客様やご家族にホッとできる変える場所を作る為に携わっています。ご入居後の生活や地域との繋がりを考えると、お客様と同じくらい家が建つのが楽しみです。弊社のイレブンバリューで、「相手の喜びを自分の喜びと感じる」というものがあり、喜びを提供する努力を惜しまないことが、まわりまわって自分自身の喜びに繋がることを実感しています。そのため家づくりの初めのプロセスであるプランボードから一生懸命拘って作っています。

6.福岡工務店で活躍する人はどんな人だと思いますか?

それぞれの立場や職種で違ってくるかと思いますが、共通していることは、「家づくりが好きな人、工程を丁寧に取り組むことができる人」だと思います。