イレブンバリュー
11VALUES

エントリー
ENTRY

「おっ!」をつくるという理念をより具現化するため、チームが活動していくための大切な価値観を十一項目にまとめました。私たちはこれを11values(イレブンバリュー)と呼んでいます。

1.相手の喜びを自分の喜びと感じる

相手の喜びを自分の喜びと感じることができれば、相手を喜ばせることで自分も相手も嬉しい気持ちになります。喜びの気持ちは誰かがいるからこそ”感じる”ことができます。

2.「なんで?」をとことん追求する

「なんで?」を考えると物事の本質に近づくことができます。「なんで?」が明確にわかっていれば、自分を見失わずにブレることなく前に進み続けることができます。

3.変わっている才能と変わる勇気を尊重する

長所も短所も他の人と比べて変わっていることは個性であり、個性を認め合うことでもっと楽しくなります。また、環境や自分を変えることは簡単なことではないですが柔軟に変わることができれば人生はより豊かなものになります。

4.速い行動・早い対応で期待を超える

スピーディーな対応をすると相手に気持ちが伝わりやすく期待を上回ることができます。速く行動することが難しくても、早く取り組むことで多くの経験を積むことができ、チャンスに巡りあう確率も上がります。

5.オープンなコミュニケーションをとる

素直な気持ちで相手と話すことができれば、相手も素直に自分と話してくれます。相手の考え方や行動を認め、自分のことを正直に伝えれば相手とより深い信頼関係を築くことができます。

6.いつも注目されている意識で心を正す

「誰も自分を見ていない」と思うと、行動がでたらめになります。「いつも誰かが自分を見ている」と思うと、誰に見られても恥ずかしくない行動ができるようになり、凛とした姿勢になります。

7.失敗は成長の糧とし挑戦の証とする

失敗は誰でも嫌なものですが、何もしなければ成長することはできません。多くの失敗を経験することで「失敗しない方法」がわかり、挫けずに何度でも挑戦を続けることで成功に繋がります。

8.量は質に転化し、質は常に改善する

スポーツでも勉強でも多くの練習を重ねると上達します。量をこなした結果として質の向上が得られるのです。また、質も一定のレベルで満足せず「まだまだ」の気持ちで改善を続けることが人々の驚嘆に繋がります。

9.ゴールを想像し、体験を創造する

ユーザー目線で考えられた機能的なデザインは長きにわたって親しまれます。使い手などのゴールを起点とし、そこまでのプロセスを体験を通じて伝えることができれば、心ときめくサービスやモノをつくることができます。

10.最小限の資源から最大限の価値を生む

人生やチーム活動において、使える時間・お金・物などの資源は限られています。その限られた資源の中で、最大のパフォーマンスを出すことができれば豊かな価値が生まれます。

11.ありったけの「ありがとう」を贈る

人は誰でも「ありがとう」と言われたら嬉しくなります。たくさんの「ありがとう」をもらう為にも、まずは自分たちから率先して「ありがとう」伝えていくことが大切です。

私たちは11values(イレブンバリュー)を共有し
「おっ!」をつくるためのビジョン実現に向かって邁進します。

イレブンバリュー